ネトラレ・フィルム製作委員会 〜FreespaceP〜

【R-18】フルアニメーション作品をメインに活動中

便女

【GIF短編小説】見ないで…私を見ないでっっ!!

自分に向けられたビデオカメラに気づき、彼女は悲鳴のような声で叫んだ。
「嫌っ!!そんな…あの時だけって…もう撮らないって約束ですっ!」
固いペニスを根元まで無理矢理挿入されながら、彼女は涙声で男に訴えかけた。
しかし、その切なく悲痛な表情は、さらに男の征服欲を刺激してしまったようだ。

「いい顔…するじゃないか…w」
カメラはゆっくりと彼女の顔から、血管が透けるほど白く大きな乳房…
そして、男のイチモツをくわえ込んだ彼女の性器のアップへとズームする。
「いやぁ!お願い…!やめて…っ!!」
彼女の声に応えるように、男はわざと大きな音がなるように、激しく腰を振りはじめた。
カメラが揺れ、映像が乱れるのも構わずに、男は彼女の子宮を奥底を、ひたすら叩き続ける。
「ひぃ…うぅ…うぅ…あっあん!」
堪らず、彼女の顔が紅葉する。
「…いや…見ないで…撮らないで…」
なぜか彼女は、カメラの向けられた下腹部や、あらわになった胸ではなく、
自分の顔を両手で必死に覆い隠し、声を押し殺して羞恥心に耐えていた。
「へへ…隠すのは顔だけでいいのか?もっと恥ずかしいところ、いっぱい撮られてるぜ…?」
「…ん…う…くっ…」
彼女は相変わらず両手で顔を覆ったまま、無言でいやいやをする。

男は再び、両手で隠された彼女の顔に、カメラを戻した。
表情が見えないので、どんな顔をしてるのかはわからないが、どうやら泣いているようだ。
ひくひくと、子供のように喉を鳴らせて泣き続ける彼女を前に、
その背徳感に男の興奮は絶頂を迎えていた。

男は乱暴に彼女から自分のち○ぽを引き抜くと、
彼女の顔に覆い被さるような体制で射精した。

熱くて臭いどろどろした精液が、
彼女の顔を覆っている、高級食パンのように真っ白で柔らかそうな指にまとわりつく。
男にはその光景が、今まで見てどんなものよりも、エロく見えた…。

ooTkvx

【GIF小説】…いいか、ガキなんて孕むんじゃねぇぞ…

男達に呼び出されるようになって、もう半年以上。
私はもう、危険日かどうかを確認することをやめていました。

(…今日は…その、危ないから…
 お願いです…膣内は…やめて…下さい…
 せめてゴムか…口に!…ちゃんと、全部飲みますから…!)

しかし、いくら懇願しても男達はニヤニヤ笑うばかり。
それどころか、私の怯える反応を楽しむように、
わざと子宮奥に、嫌がらせの連続中出し…。

数人の男達の精液であふれかえる私の膣内で、
最後の男が絶える頃には、つたい落ちてきた精液で、
私は足のつま先まで、ベトベトでした。

やがて事が終り、帰り支度をすませた男達は、
床で放心している私の頭を乱暴に掴みあげ、
…言ったんです。

(…いいか、ガキなんて孕むんじゃねぇぞ…
 問題になったら、お前のせいだからな…
 …事件とかになったら、ただじゃおかねぇからな…)

そんな…だから今日だけは、やめてって言ったのに…。
どうすればいいの?お医者さん?…無理!行けるわけないっ!!

(…はぁっ!…知るかよ…根性でなんとかしろよw)

私は、もう言っている意味が理解できませんでした。

…それから、次の生理が来るまで、私は心病む生活をしました。
…正直、何度も死んだ方が楽だと思いました。でも、できませんでした…。
運良く、私はその日は妊娠しませんでした。

それ以来、私は危険日かどうかを確認する事をやめました。
知ったところで意味がないので…。
それどころか、それを知ってしまえば、次の生理まで、またあの恐ろしい日々が続きます。

今日もまた、男達は私の膣内に好き勝手に精子を射精します。
そして私は、いつものように祈ります。

(…どうか、妊娠しません…ように…)

igmbHn 
陵辱交換日記[地下室編] 陵辱交換日記[地下室編]

陵辱交換日記[宿直室編] 陵辱交換日記[宿直室編]

ファイナル ○辱・ヘブン ファイナル ○辱・ヘブン

ファイナル ○辱・ヘブン~ネトラレ フィルム[ティ○ァ編]~ ファイナル ○辱・ヘブン

ネトラレ フィルム1 ~テ○ファ・処刑前夜~ テ○ファ処刑前夜

夏の終りの蟲の唄〜初恋の人の娘と廃校の体育用具室で〜
夏の終りの蟲の唄

Tri*Color トリコロール ~3つの始まりのお話~

憧れのあの子の娘は僕の嫁

公園いたずらシミュレータ ver.MAKO

全裸登校週間 実行委員会

めぶく若菜の Make Love

あねこす

  • RSS
  • Dlsite blog